水の流れを良くするために|老朽化が進んだ水回りを快適に利用するにはリフォームが必要

老朽化が進んだ水回りを快適に利用するにはリフォームが必要

水の流れを良くするために

洗面所

配管の詰まりを解消

水の流れを悪くする排水詰まりは、詰まっているものを取り除くことで解消できます。程度がそれほどひどくないのであれば、自分で修繕できるので試してみましょう。排水詰まりの様子を確認するには、排水管を分解します。シンクや洗面台の下を開くと、曲がりくねった排水管が見えるはずです。Uの字になっている部分にゴミなどがたまりやすいため、継ぎ目の部分を回転させて外します。この時溜まっている水が床にこぼれないよう、洗面器などを置いておくとよいでしょう。取り外したUの字の排水管をブラシなどを使って洗浄し、詰まりがなくなったら元通りに取り付けます。ネジ部はしっかり締めて水漏れを防ぐことが大切です。最後に水を流して、正常に流れることを確認します。作業が難しいときには、水回りのトラブルを修繕してくれる業者に依頼すれば解決してもらえます。

詰まりの原因とは

台所のシンクや洗面所の洗面台などを使っていると、水の流れ方が悪いと感じることがあります。いつもよりも流れ終わるまでの時間が長いのであれば、排水詰まりの可能性を考えたほうが良いでしょう。排水詰まりの特徴は、排水管にゴミや汚れなどが詰まってしまうことです。結果として排水管の口径が小さくなるため、同じ量の水を流しても流し終わるまでの時間がかかることになります。排水詰まりが厄介である理由は、そのままにしておくとさらに排水管が詰まってしまうことです。すでに排水管の内部に流れが悪くなる箇所ができているため、そこにゴミが積み重なっていくと完全に詰まるという状況になります。詰まった箇所からは悪臭も発生するため、根本的に改善しない限り使いづらい水回りになる恐れがあります。